子どもの情熱とハロウィン〜2016〜

働くお母さんのもっと楽に、
もっと暮らしやすくを応援する
ライフオーガナイザーの服部美亜です。

今日はハロウィンの夜のお話。

先日のハロウィン。
いつもギリギリまで寝ている長男が
なんと朝5時起きで何やらゴソゴソ・・

かぼちゃおばけ パーツ 工作 ハロウイン

壁に糸を張ったり、画用紙を切ったり。
ものすごい集中モード。

「朝早いね。何してんの?」

『だって飾りを作らなくちゃと
思ってさー、早起きしたの。』

こういう時の息子(小3)くん。
本当に本当にイキイキしてます。

誰も頼んでないのに(笑)、
イベント時には何やらディスプレイを
せずにはいられない長男。
その情熱はどこから来るのだろう。

こういう子どもたち特有?の
「迷いのないまっすぐな情熱」が
基本面倒くさがりの母には
眩しくてたまりません。
本当に子供ってすごいなぁ。

その日の仕事中。
飾りをつくって嬉しそうな長男、
はしゃぐ長女次男を思い出し・・
特に仮装の予定も準備もないのが
申し訳ないような気持ちに・・

何となく下ごしらえしていた
カボチャ料理だったけど・・
晩ご飯は急遽ハロウィンぽく、
ちょっとだけ努力してみました。

「かぼちゃのサラダ〜ドクロ風〜」
ドクロ かぼちゃ サラダ ハロウィン

(お、適当にやった割には
それっぽい・・?)

ちょっと調子に乗った母は(笑)
食パンでおばけづくり。
かぼちゃスープに浮かべてみる。

(おお〜ユラユラ浮いてる〜!)
ちょっと焦げちゃったけど・・

「カボチャスープ〜親子おばけ添え〜」
かぼちゃ スープ おばけ 親子

カボチャケーキにデコペンで
クモの巣を書いてみたり・・

ささやかな工夫ですが、
こどもたちが思いのほか
キャーキャーと喜んでくれたので
私まで何だか幸せな夜になりました。

自分一人だったら
こんな面倒なこと絶対しないけど。
こどもの情熱に影響されて・・
何かにチャレンジしてみること、
多い気がします。

こういう日は単純に「母親」に
させてもらえて良かったなー
と思います。

 

普段は怒号を飛ばしておりますが、
実はこんなことを思いながら
君たちに感謝してるのよー。

・・と、寝顔を見ながら
思う夜なのでした。

 

LINEで送る
Pocket

2016年11月04日 | Posted in こども kids, ブログ blog | | Comments Closed 

関連記事