着なくなった洋服の手放しかた〜ブランド品編〜

ライフオーガナイザーの服部美亜です。

近頃絶賛お片づけ推進中の私。
みなさんは不要になったお洋服、
どうやって手放していますか?


私はこんな風に分けて手放しています。

①明らかに知られているブランド品
②ヘタリの少ない、お洋服(日本語タグ表記あり)
③ちょっとヘタリが気になるかな?程度のお洋服(日本語タグ表記なし)
④もう沢山着たし、思い残すことなし!⇨「古布」ゴミの日に出す服


まず今日は①の「明らかに知られているブランド品」について。

そもそもブランド品はあまり持っていないのですが、
独身時代に頑張って購入したものが残っていたり、
実家や親戚から「これいいものだし、まだ着れるからどう?」
と突然やってくるこの方たち。
お下がりとはいえ「頂き物」なので、すぐに処分しづらい厄介な方々です。
以前は手放すのが申し訳なくて…何年も保存したりしていました。

でもお片づけに向き合うようになったここ1年。
大分手放すことができるようになってきました(^^;)

洋服だっていいものなら尚更のこと、
(タンスの肥やしではなく誰かに着てもらいたいよねー)と思いながら
「えいっ!」と手放し用ダンボールなりバッグなりに入れてしまいます。

そっから先はとにかく見ない。触らない。

(やっぱりまだ着るかも…)
(もったいないかも…)はキケンです!!笑

一度手放すと決めた山から私は何度も1、2枚引き出しましたが、
その後着た試しが本当にないので、もういい加減やめるようにしています。

程度の良いブランド品は、うまくすればそこそこの値段で売ることもできます。
ヤフオクで出品するのも手放し方のひとつです。

でも洋服の出品って、正直メンドくさいんですよね…
着丈、そで丈、サイズ、正面や側面、タグの写真もあった方が良かったり…
丁寧に出品しようとすればするほど手間がかかります。
逆に手間がかかる分、丁寧に出品すると高く売れたりします。

正直私はそこまでの時間も根気もないし、
手放すと決めたモノは(後ろ髪引かれない内に)目の前から消えて欲しいんです。

そんなことから最近利用するようになったのは、
ネットで申し込みができる洋服買取サイト。

ブランディア、ドロップ…色々ありますが、
まず利用してみたのはブランディアさん。
会員登録をして申し込むと、無料でダンボールや着払い伝票を送ってくれます。
買取査定金額を見てからのキャンセルや返送料も無料だし、
買取用ダンボールを受け取ってから「やっぱり売るのや〜めた」とキャンセルするのも自由です。

査定結果は(個人的な印象ですが)
近所のリサイクルショップに持ち込むよりは若干いいかな、という感じ。
そんな理由からブランディアさんを利用していた私ですが、
思うところがあり今回違うところにチャレンジ!

長くなったので理由はまた次回🌟

 

LINEで送る
Pocket

2016年12月23日 | Posted in リユース reuse, ブログ blog | | Comments Closed 

関連記事