左右タイプの悩みが励まされた日

東久留米市のライフオーガナイザー® イハナライフの服部美亜です。
自分も人生も心から楽しみたい人の暮らしづくりを応援しています。

ライフオーガナイズでは、お片づけに利き脳、という考え方を参考にします。鉛筆の持ちかたに右利き左利きがあるように、脳にも「利き脳」があるのです。ご存知の方も多いのでは?

昨年日本ライフオーガナイザー協会主催の講師デビューセミナーに参加した時の様子です。講師をしてくださった渡邊奈都子先生。現況内容では最後の東京開催とのことで先生の語りからも熱く、想いを込めるってこういうことなんだなと感じた1日。内容も盛りだくさんで新米オーガナイザーとしてはキャパオーバーのはずなのに、帰りは心地よい疲労感。

今日は私が自分の利き脳だからかな?と勝手に思っていたお悩みについて。私の利き脳は 左右タイプ。インプットは左脳、アウトプットは右脳です。(詳しくは著書が沢山出ているのでそちらをご参考に)多くの情報を調べたり学んだりが苦ではないのですが(左脳の影響?)散々取り入れた情報を伝えるとき、なかなか上手に説明アウトプット出来ず悶々としてしまうのです(右脳の影響?)

そんなわけで昔から人にわかりやすく説明することに苦手意識があり、だからこそその手の本を読んだりするし、説明のうまい人を見つけると(半ば憧れ)テンションが上がってしまったりします。この日、そんな私に奈都子先生から一筋の光がさしました!

「左右は複雑な情報を、分かりやすく変換してアウトプットできる」

これは目からウロコ‼︎ そしてものすごくわかりやすく、想いも伝わる講座をされた奈都子先生自身も左右タイプだという驚き!! 自分と比べるにはおこがましいですが、この一言で(こんな自分でも、たくさん学んで実践して努力していけば、わかりやすく伝えられる人になれるのかもしれない)そんな風に思うことができたのでした。

みなさんそれぞれ全く違う環境、背景で学んでいます。人と関わることで自分のことを知れたり、励まされたり。ライフオーガナイズを学び始めてから素敵な人との出会いも増えて有難いなぁと感じます。アラフォーになってもまだまだ自分を諦めずに励んでいこう、と気持ちも新たになった日。私もいつかわかりやすく伝えられる人になりたいと思いつつ・・今はまたレジデンシャルオーガナイザーの課題や睡魔と格闘中です。(またかい)

次はいよいよ図面の提出。テーマに沿った収納や動線計画を落とし込んでいきます。仕事の合間、子育ての合間。自分の決めたこととはいえ時間の捻出にてんやわんや。家事がちょっとおろそかになりつつあるけど(オイオイ)許してくれ子供たち・・。締め切り日が刻々と迫り胸がドキドキ・・。

みなさまの今日が良い1日でありますように!

 

LINEで送る
Pocket

関連記事