ライフオーガナイズを知るまでの私 ①

心から楽しめる暮らしづくりを応援する 東久留米市のライフオーガナイザー® 服部美亜です。

ライフオーガナイズとは、アメリカで生まれたプロの整理術を日本向けにノウハウ諸々をまとめたスキルのこと。詳細は日本ライフオーガナイザー協会HPに記載されていますので是非そちらをご参考に。今日はふとライフオーガナイズに出会う前の私を思い出したのでメモ。

きっかけは同僚のこんな一言。

「幸せだなぁって思うのはどんなとき?」

とっさに思い浮かぶものはありませんでした。(うーん、自分が心から幸せと感じるのっていつだ?)と考えた時、思い浮かんだのはこんな光景。

『布団を干して、洗濯して、部屋の掃除して、洗いたてのカバーを布団にかけ・・気持ち良くスッキリとした部屋でほっと一息している私(コーヒー飲めればもっと最高)』

こんな他愛もない日常の一コマ。そういえば中学生の頃も掃除後のふかふかベッドの上で漫画を読みつつ、夕飯を待つのが至福の時間だった気が。何だか平和で幸せな気持ちになることができました。

(そういえば最近そういう気持ちになったことないなぁ)それどころか(家に帰りたくないなぁ)とさえ思っているかもしれない自分に気づいた瞬間でした。家にいるのが大好きだった私ですが(どうして帰りたくないのかな)と考えて思いついた一番の理由。それは・・

『帰宅後から翌朝仕事に出るまでの時間がしんどいから』

子供3人を寝かせるまでの数時間をうまくやりくりできないこと。すべきことがその日のうちに終わらないこと。子供達に添い寝で布団に入ると気絶するように寝てしまうこと。やり残した家事を朝起きて目にするのが辛いこと。週末はたまった事処理ばかりに時間を多く取られること。在宅の仕事を夜していたのでそこから来る慢性的な睡眠不足・・

仕事も楽しく子育てもやりがいを感じるのに、頭の中はいつも何かに追われているような感覚。働くお母さんはなんとかしてるんだし自分がもうちょっと頑張ればいい。と大丈夫な気がしていました。でも同僚のコトバがきっかけで なんだかものすごく疲れている自分 に気づいたのです。

心の中はこんな感じ。

●いつも頭の中がぐちゃぐちゃでまとまらない。
●もはや自宅の部屋を見るのが苦痛。
●片付けなさいと繰り返し言うのが辛い。
●綺麗な部屋の写真とかも見たくない。
●片付けなくちゃと思っても体が動かない。
●どこから手をつけていいのかわからない。
●捨てなきゃいけないとは思うけど捨てられない。
●捨てられない自分に罪悪感で悪循環。
●収納本を読んだり試したりをしても続かない。

(こんなお母さんではいたくないな・・)

とこの時 初めてなんとかせねば!と思ったのです。

皆さんの幸せを感じる時はどんなときですか?
長くなったので続きはまた。

LINEで送る
Pocket

2017年02月02日 | Posted in ライフオーガナイザー life organizer, ブログ blog | | Comments Closed 

関連記事