レジデンシャルオーガナイザーに出来ること

こんばんは。東久留米市のライフオーガナイザー® 服部美亜です。

今日はレジデンシャルオーガナイザー講座 3回目の課題〆切日でした。提出を終えまずはホッとしています。次の提出日もあっという間に近づいてくると思われますが、今は一旦忘れて・・夕食前のプシュっ🍺を解禁!あ〜至福ー!

ライフオーガナイザーの中でも住の専門性を活かして活動しているレジデンシャルオーガナイザー。

提出課題3回目はいよいよ具体的な収納プランや展開図1回目はクライアントの価値観やストレスをヒアリングしていきます。2回目はクライアントの時間の使い方、インベントリー調査(持ち物の調査)を踏まえた上での分析 etcでした。そして今後はいよいよ自分なりに考えたテーマに沿ってより暮らしやすい、片付けで困らない住まいにする提案をしていきます。

ここで改めて・・

レジデンシャルオーガナイザーってライフオーガナイザーと何が違うの?

と思った方のために。私なりに考えた答えはこちら。

▶︎既製品以外の収納提案、造作家具などの提案ができる

▶︎設計・工事担当者とクライアントの間に立った空間計画ができる

▶︎収納だけでなく、住まい全体もトータルにプランニングできる

▶︎住の専門性を活かし人間工学や動線に配慮した計画ができる

▶︎なりたいインテリアイメージに合わせた提案ができる

他にもクローゼットオーガナイザー®、メンタルオーガナイザー®、慢性的に片付けられない方のサポートを専門とするオーガナイザーも。ライフオーガナイザー®と言っても様々。

そんな中、私がレジデンシャルオーガナイザー講座にチャレンジしたのには理由があります。その活動が目指す方向を知った時「あぁ、いいなぁ」と心から感じました。私がずっとモヤモヤ違和感を感じていたものへの答えが、そこにあるように思えたんです。その理由はまた次回に。課題も提出したし、今日は久しぶりに眠れそうです。イエイ!

明日も笑って過ごせますように。

LINEで送る
Pocket

2017年02月08日 | Posted in レジデンシャルオーガナイザー residential organizer, 家 Home, ブログ blog | | Comments Closed 

関連記事