小学校の入学式に持っていくと便利なもの

東久留米市のライフオーガナイザー®服部美亜です。
住まいを整え心がラクになる暮らしづくりを応援しています。

先日娘の入学式へ行ってきました。
お兄ちゃんがいるので、入学式は2回目。

娘の担任はシニアのベテラン先生でした。ひとしきり説明が終わった後、先生がその場で貸し出してくれたのは数本の名前ペン。

それを見て(なるほど〜!さすがベテラン)と思った私。保護者全員、先生の指示で 上履きとお道具箱 に名前を書きました。当日から必要だけど、しばらく家に持ち帰らないもの。1年生だとまだペンで名前を書けるかちょっと心配ですが、持ち帰らないと親が書いてあげることも出来ません。

 

●上履き
学年と組も書くように言われているけど、クラス分けが分かるのは入学式当日。靴を持って帰ってくる週末まで書き足せないし、うっかり書き忘れるお母さん(私か?)もいそう。

●お道具箱
学校で入学式当日に支給されるお道具箱。(地域によって違うかもしれません)夏休みまで持ち帰らないので親がお名前を書いてあげられません。なのでこれもその場で書いてしまえばクリア。

 

長男の時は新任の先生だったので、上履きにはしばらく名前だけの記入でした。お道具箱はたくさんの書類や教科書と一緒に持ち帰ったような気がします。ただでさえランドセルを背負って通うことに慣れるだけでも大変な1年生。大きな持ち物がひとつ減るだけでも助かります。

この経験から、次男の時は入学式にペンを持っていこう!(その場で済むし、名前つけ忘れも防げるし・・)と思った私でした。来年入学式を迎える方、名前ペンを一本持っていくとお母さん、お子さん、先生みんなにとって便利ですよー。

今日も読んでいただき感謝です。
みなさまの今日が良い日でありますように。

東京都東久留米市のライフオーガナイザー®
イハナライフ 服部美亜

LINEで送る
Pocket

2017年04月12日 | Posted in こども kids, ブログ blog | | Comments Closed 

関連記事