こども記録用にInstagramのススメ

東京都東久留米市のライフオーガナイザー® イハナライフ 服部美亜です。
住まいを整え、暮らしと心をラクにする仕組みづくりを応援しています。

突然ですが、最近Instagramを始めました。

きっかけは子供たち。

★毎日毎日作ってくる小さな作品
★可愛いお絵描きや落書き
★ちょっとした言い間違いや書き間違い
★積み木やおもちゃで作ったカタチ

ちょっとマニアなんじゃないかと自分でも思うほど、 子供たちが小さな手で作ったものを見るのが大好きな私。萌え・・はきっとこういう気持ちのことなんじゃないかなとよく思います。子供の絵ってなんであんなに素敵なんでしょう。

皆さんはお子さんの作品、どうやって残していますか?

私は気づいた時に写真を撮る程度・・でも写真だと撮りっぱなしなのですぐ埋もれてしまうし、その瞬間に感じた言葉は一緒に残せない。何か良い方法はないかなぁとずっと思っていました。

フェイスブックはあまりにも親バカ記録なので皆さまにわざわざ発信するのは気がひける・・。素敵な一瞬は日に何度もあるけど連投は迷惑だし・・ブログもわざわざ記事にするのはめんどくさいのできっと(いや絶対)続かない。

そこで浮上したのが Instagram

インスタはオシャレな人がやるもの、とどこかで聞いてしまったのでオサレ人間ではない私は今まで全くのノーマーク。しかし先日ふと思ったんです。本当に突然ヒラメキました!(という程のことでもないですが)

(これ…子供記録用にいいんじゃないかな…)

始めてみたら…あらあらまぁまぁ…これいいですね〜!

 

そこで私が思うインスタのいいところを3つ挙げてみました。

①投稿が手軽で簡単
子供がいい感じのお絵描きをした⇨写真を撮る⇨インスタにアップ・・の流れがとてもスムーズ。

②写真とコメントが同時にあげられる
その写真を撮った瞬間感じたこととか、子供のつぶやきとかも同時にアップしていけます。しかも写真のみの投稿も不自然ではないのが気楽でGOOD。(フェイスブックで写真のみアップはちょっと不自然かも・・)

③写真を簡単に加工できる
イケてない写真もすぐにちょっとだけいい感じ?にごまかせます。笑
そんなわけで始めたらあっという間に頻繁にアップするようになった私。決してオシャレな使い方ではないですが、子供たちのものづくりの記録が気楽にとれるようになってあるストレスが減りました。

それは・・紙ものや作品類の処理

子供の作るものは様々。

★紙の切れ端に書いたもの
★作りかけで終わってしまうもの
★いつ完成するのかわからないもの
★明らかに忘れて放置のもの

これらが部屋のあちこちに溜まっていくのがストレスでした。保存するにはカタチも素材もバラバラだし…子供が明らかに大切にしているものなら小さなものでも子供に処分するか相談しますが、明らかにもう用済み感漂うもの。でも処分するのがなんとなく気がひけるもの。

Instagramは私のこの 明らかに用済みな気がするけど、処分するのに気がひけるもの 問題を少し解決してくれています。写真を撮ってインスタにアップしたら処分。以前よりラクに手放せるようになりました。

お子様が作るちょっとしたものが愛おしくて中々手放せない・・私と同じようなそんなお母さん。Instagramはいかがでしょうか。私もまだ始めたばかりですが、けっこう楽しいです。オシャレじゃないけどこんな使い方もありかな?なんて思います。

 

★ちなみにもし服部の親バカ記録…どうやってつけているのか見てみたいという方がもしいらっしゃいましたら、toritoriviaでひっそり更新中ですので(笑)コンタクトしてみて頂けたら嬉しいです。
今日も読んでいただき感謝です。
みなさまの今日が良い日でありますように。

東京都東久留米市のライフオーガナイザー®
イハナライフ 服部美亜

 

LINEで送る
Pocket

2017年04月14日 | Posted in こども kids, お気に入り favorite, ブログ blog | | Comments Closed 

関連記事