こどものリュックを安全にする工夫

東京都東久留米市のライフオーガナイザー® イハナライフ 服部美亜です。

住まいを整え 暮らしと心をラクにする仕組みづくりを応援しています。

入学式前に学童デビューした娘。
その数日間はランドセルではなくリュックで通いました。

さてこの小さい子が背負うリュック…いつも悩ましいものがあります。
それは肩ベルトの下に垂れ下がるヒモ。何かに引っ掛けないかな…
大丈夫かしら…と見ていてヒヤヒヤ。ベルト部分をヒモやゴムで縛ってみたりしましたが、いつの間にか取れていてることが多いんです。

今回改めて試したのが、100均で売っているバンド
配線コードなどをまとめておけるこちらのバンド(うっかり写真撮り忘れてしまいました)柔らかいマジックテープがバンド状になっているものです。

BEFORE
リュックのヒモがびろーんと垂れ下がってる様子。長男もこのヒモが自転車のタイヤに絡まったことがあるとのこと。垂れ下がったままだとちょっと心配です。

 

 AFTER
ヒモ部分を折りたたんでバンドでしばる!それだけですが…すっきり。

取れる気配は今のところなし。柔らかいので子供の腕に当たっても痛くない。

ヒモが気になって、一時期ヒモを切ろうかとも思いましたが早まらなくて良かった。成長した時にリュックが使えなくなるのではもったいないですものね。

今日も小ネタですが読んでいただき感謝です。
みなさまの今日が良い日でありますように。
東京都東久留米市のライフオーガナイザー®
イハナライフ 服部美亜

2017年04月15日 | Posted in こども, ブログ | | No Comments » 

関連記事