子連れブルーベリー狩りには袋ではなくカゴが便利

東久留米市のライフオーガナイザー®
レジデンシャルオーガナイザー®
イハナライフ 服部美亜です。

まだまだ暑いですが、
夜に聴く虫の音や空の高さで

たまに秋を感じるようになってきました。

秋といえば実りの秋。
ここ数年は友人のご実家でブルーベリーを採らせていただいています。

「入れもの持ってきてね〜」

と言われたので(よ〜し沢山摘むぞー)とスーパーのレジ袋を持参しました。
すると友人は持ち手つきの籐のカゴを貸してくれたのです。

「こっちの方が採りやすい」とのこと。

(子供たちが使うとブルーベリーの汁がついてカゴが汚れちゃうんじゃないかなぁ)と若干心配になった私でしたが、結果は真逆でした。

【ビニール袋で採った方のブルーベリー】
→底の方がグチャグチャ

【カゴ(底にキッチンペーパーを敷く)方のブルーベリー】
→潰れずふんわり綺麗な状態

それの結果を知って以来、カゴを持参するようになりました。
持ち手つきだともっと便利です。
いっぱい採れると、暑さも吹っ飛びます!

【ブルーベリーをカゴで採るメリット】
●ブルーベリーが綺麗に保たれる。
(レジ袋だと擦れて傷んだり、暑い中蒸れたりする)
●子どもでも扱いやすい。
(ちょい置きするにもカゴはビニールと違って形が崩れない)
●子どもが持っていると可愛い。
(小さな指で一生懸命摘む姿に(私が)萌える)

大量のブルーベリーは毎年お菓子に使おうか、ジャムを作ろうか…と悩むのですが、冷やしてフレッシュな生で食べるのが一番美味しい!凍らせて保存しておいた分もあっという間になくなってしまいます。ジュースにするのもおすすめです。

私の住む東久留米市のお隣、小平市ではブルーベリーが有名です。
ブルーベリー狩りできる場所もいくつかあるのでいつか行ってみたいなと思っています。

私が知らなかっただけで、もしかして「果物狩り」の収穫はカゴが当たり前なのかもしれません。ただ個人的にはカゴを持って現れた友人に(さすが農家の娘さん!)えらく感心した出来事でしたので、ご紹介させていただきました。

今日もお読みいただき感謝です。

イハナライフ 服部美亜

 

LINEで送る
Pocket

2017年08月27日 | Posted in こども kids, お気に入り favorite, ブログ blog | | Comments Closed 

関連記事