i-phoneの充電コードを探さないための工夫2つ

東久留米市のライフオーガナイザー®
レジデンシャルオーガナイザー®
リユースマスターインストラクター®
イハナライフ 服部美亜です。

i-phoneの白い携帯電話の充電コード。
失くした、もしくは家庭内迷子になった経験のある方、いらっしゃいますか?

私は何度もあります。(あ、充電しなきゃ!)と思う時に限って(あれ?どこいった?!)の不毛な繰り返し。

携帯の充電コードを探すのをやめたい!

というお悩み。最近したある二つのことで大分マシになりました。

それは…

その① 充電する場所を浮気しない。

要するに定位置を決めること。
お片づけのキホンっぽいですよね…^^;;
家の中のあちこちで気まぐれに充電するから迷子になるわけで…

●では、定位置をなかなか決められなかったのはなぜか?

私の場合、よく通る&使う場所のそばにコンセントがなかったこと。夏休みにワークスペース周りを片付けた時、よく通る場所に定位置を確保できたのでこれが解消。

●次に、定位置を作れたのはなぜか。

きっかけは、上記の主に夫が使っていたワークスペースに余裕ができて、私も使わせてもらう機会が多くなったこと。机の上がすっきりしているので、携帯を充電してても邪魔に感じなくなりました。

2つ目はコードをもう1本お下がりで手に入れたこと。だからカバンにも普段はもう1本入っています。この2本ある安心感といったら!笑 いざカバンの中で(あれ?ない!)となっても自宅のあの場所に置いてあるから大丈夫と思えることで、かなり気が楽になりました。

フリーに動かせる充電コードが1本あるから、もう1本は定位置にいつもスタンバイ。

こんなに気がラクなら自腹でもいいから2本目買えばよかったーと思ったぐらいです。

▼充電する時

▼充電しない時

コード類はまとめて下のカゴに突っ込みます。たまたま先日のワークスペースを片付けた時に不要になったカゴを、今は試しにコード類の目隠しに使っています。

 

その② 充電コードが目立つこと。

お気づきですか?私の充電コードがカラフルだということに。笑

これは工作好きの長男がアイロンビーズを一つ一つカッターで割って、コードにはめていった力作です。私一人では正直やる気がしませんが、子どもがやってくれてラッキーでした。

ひとつひとつカッターで切り込みを入れてはめていく、根気のいる作業。

このアイロンビーズカバー、結構いい仕事してくれるんです。


●コードの断線を防ぐ。
アイロンビーズの硬さがしっかりコードを守ります。時々コードが切れてしまうことがありますが、このカバーがついていると安心感があります。
●カラフルなので、一目で自分のものだとわかる。
コードに名前を書いている人は少ないと思います。これはどこからでも自分のもの!とわかるし、可愛いし、カバンの中でも目立って探しやすく一石三鳥。

以上、①定位置を決めたことと、②コードがカラフルなことで大分充電コード迷子が解消された私でした。

手しごとが好きな方。そんなお子様がいる方。余ったアイロンビースをどうしよう…とお悩みの方。こんな使い方はいかがでしょうか?結構根気の要る作業ですが、いい仕事してくれます!笑

今日も読んでいただき有難うございます。

ライフオーガナイザー®
イハナライフ 服部美亜

 


関連記事