ママが撮ると手ブレする⁈カメラが苦手な私が撮るようになったワケ 〜続き〜

東久留米市のライフオーガナイザー®
イハナライフ 服部 美亜です。

子育てママの暮らしを幸せにする、
小さなヒントを探してお伝えしています。

今日は前回の記事↓の続きです。

ママが撮ると手ブレする⁉︎ カメラが苦手な私がどうして撮るようになったのか

写真が撮りたい!と思った私。
でもどうしていいか分かりません。

そんな時、フェイスブックで見た広告に目が留まりました。
数あるカメラ教室の中でそこをいいな、
と思ったのはこんな理由から。

・全6回の基礎コースがあり、何を学べるかが明確だったこと。
・講師陣に女性カメラマンがいたこと。
・振替可能だったこと。(子育て主婦には嬉しい)
・座学だけではなく実践&課題、講評付きだったこと

残念ながらそのお教室はもうすぐ終了してしまうそうですが、そこで出会った田部先生には本当にお世話になりました。

どんな写真が撮りたいのか、
どうしたらそう撮れるのか。

生徒一人一人カメラの機種も違うのに、毎回親身に指導してくれました。

グループでのレッスンだったので、世代を超えた出会いもありました。

その頃撮影して「わぁ楽しい」と初めて思えた1枚がこちら。

大雪の日にパジャマで駆け下りてきた子どもたちが、カーテンを開けてはしゃいでいる時の1枚です。

自分が見た感じのイメージで、そのまま撮れたのがすごく嬉しかったのを覚えています。
これをきっかけに、どんどん写真が楽しくなっていった、思い出深い1枚。

基礎をちょっとだけ教えていただいたぐらいで、未だに難しい言葉は分かりませんが…

あのとき、子育て中でも勇気を出して一歩踏み出せてよかったなぁ〜と思っています。

これといって趣味のない私にも楽しみが増えたし、新しいつながりも増えました。

そして大好きなこちらのサイト

二児のママでもあるロシア人写真家、エレナ・シュミロワさんの美しい写真がいっぱいで、見ていると本当に癒されます。

自分の感性を揺さぶる写真を撮る人が見つかると、モチベーションもあがります。

「子どもの日常を撮りたい」

という目的がはっきりしたからこそ、

「写真を学ぶ」行動につなげることができた過去の自分。

ライフオーガナイズで、片づける前に

「自分はどうなりたいか」
「どう暮らしたいか」

を見つめ直すことと、ちょっと似ています。

子育て中だから…と諦めていること、
ありませんか?

過去の私も
「子育てが落ち着いたら」と、
なんでも諦めがちでした。

家が片付くと、
自分の気持ちも片付いて、
「本当にしたいこと」に
使える時間も増えていきます。

子育て中のママだからこそ、
幸せな時間を増やして欲しいな
と心から思います。

今日もお読みいただき有難うございました。
良い1日をお過ごしください。

イハナライフ
服部美亜

LINEで送る
Pocket

2018年01月31日 | Posted in こども kids, 写真を楽しむ photo, 学ぶ study, ブログ blog | | Comments Closed 

関連記事